DREAM BOYS JET☆9/27 レポ③1幕-2

優しいコメントやメッセージ・・・
ホントにありがとうございますMe

なんやかんやの告知ラッシュで・・・www
ドリボレポがなかなか進みませんガクリ

そして、仕事で朝7:30に家を出て夜7:00に帰ってきて・・・ブゥー
帰ってからご飯の準備やなんかしていると・・・えぐえぐ。。。
全くレポ書く時間が取れない事に気づき愕然としております・・・ガクリ

下記は9/30に既に書いてたんですが、続きを書く時間が取れるかわかりませんのでMe
一旦UPしちゃいますね(=´;ω;`=)

ひとり取り残される宮田俊哉

サトシ登場

サトシ『トシヤ!』
宮田『お~、サトシ。どうだ?調子は』
サトシ『まぁまぁ。ねぇ、何かあったの?』
宮田『ちょっとな・・・。大人のもめごとさ。直ぐに解決するから。』
サトシ『ユウタは?』
宮田『お前の大好きなユウタは、今日はもう帰ったよ。
撮影中止になっちゃったんだ』
サトシ『そっか・・・帰っちゃったんだ・・・』

寂しそうなサトシ

宮田『お前今日病院だったんだろ?』
サトシ『うん、ホームへ帰る前にユウタに会いたくて』
宮田『残念だったな・・・じゃぁ気を付けて帰れよ』
サトシ『うん!じゃぁね。バイバイ』

サトシ退場

※書いてて今気付きましたえっ
違和感の原因の一つ・・・shoko
今までのドリボでは、役名は全部名前(カタカナ)のみでみんなそう呼んでたんですねshoko
でも今回は主要メンバー同士で話すときは・・・
全て名字になってるんです・・・
コレか・・・違和感の原因は・・・汗

再び宮田俊哉のみになる

宮田
玉森千賀・・・今度はうまくやってほしいけど・・・
俺一人の力じゃどうにもならないか・・・』

桟橋のシーン

玉森裕太登場

音符星の光る空

この曲大好きなんですぽっ
ドリボの中ではとても大切な曲・・・
ちゃんがとっても優しく歌い上げる曲・・・

今回は玉ちゃんが歌いますにこにこ

うん・・・思っていた通り、この曲は玉ちゃんの声には合ってますねにこにこ
もう少し高い音の所もうまく出たらもっと良かったかなぁとは思いましたが・・・汗

この時、毎回桟橋がかなり客席の方まで伸びてくれるんですよねもえ~
そう言えば・・・昔はこの桟橋でのアドリブが面白かったなぁぷぷ

歌い終わって何やら考えこみ・・・帰ろうとする玉ちゃん
振り返ると、マッチさんがそこへ来てくださってました

玉森近藤さん!』

マッチさんの所まで行って頭を下げる

玉森『すいません・・・あの役やりたかったんですけど・・・
なんか違ったみたいで・・・』

そして独り言のようにつぶやく

玉森『何が違かったんだろ・・・』

※このセリフwww
17・18日に聞いた時は『何が違ったんだろう』でしたぷぷ
言い間違い・・・って言うか、自分の言い方になっちゃってましたねもえ~
可愛いですよねハート☆違かったぷぷ

マッチ『ハート・・・レーサーのハート
大切なのはレーシングドライバーの心の中を描くことだ
レーシングドライバーの心の中は複雑だ
あんなに狭いコックピットの中でたった一人で孤独と闘い続ける
しかも・・・死と隣り合わせだ・・・』
玉森『死と隣り合わせ・・・?』
マッチ『うん・・・
あるレーサーは家を出るとき「俺は絶対無言の帰宅だけはしない」
と誓って家を出るんだ
玄関のドアを開けた時、「俺は必ずここに帰ってくる
この手でこのドアを開けるんだ」そう心に誓うんだ
みんなレースの怖さを知ってるんだ
それと・・・』

ハッとして何かを思いついた様子の玉ちゃん

玉森『そうか・・・!その心を演じないといけないのか・・・!』
マッチ『お前今回のこの映画を降りて正解かもな
お前のことだ、またマシンの魅力に憑りつかれて限界に挑戦したくなる
そしてアクセルをめいいっぱい踏み込む
それが命取りだ・・・
お前のその首にぶら下がってるお守りみたいなペンダントだって守っちゃくれない
やめとけ、今回は・・・
お前の葬式には出たくない』
玉森近藤さん・・・』
マッチ『一瞬で命を失ったレーシングドライバーを何人も見てきた
確かに危険な仕事だ
でもな・・・死んだら終わりだ・・・』
玉森『でもあなたは・・・そんな世界を勝ち抜いてきた
俺もあなたみたいに・・・
何かに挑戦し続けていたいんです・・・!』

マダム『じゃぁ戻る?撮影に』
いつの間にか来て、様子をうかがっていたマダム
嬉しそうに玉ちゃんに駆け寄り口をはさむ

マダム『クランクインしてから2週間。
今までに良いシーンもずいぶんあったわ。
アレをボツにするのは忍びないわね。』

マダムの言葉には聞く耳を持たず、ムッとして『失礼します』
そう言って、マッチさんに駆け寄り、
立ち去ろうとしていたマッチさんの前に回り込む玉ちゃん

玉森『ありがとうございました』
言いながらマッチさんにペコッとお辞儀をして、
言い終わってから深くお辞儀をする玉ちゃん

このペコッが可愛いんですうっとり
そして玉ちゃんは何か吹っ切れたような顔で駆けていく・・・

舞台には、マッチさんとマダム
マッチさんとマダムの会話から、なんと二人が元夫婦だった事がわかる

でぇぇぇっっっ!!!?エ!

いや・・・w
無理があるだろ(爆)

音符 星の光る空(マダム&マッチさんver.)

※う~ん・・・
この二人には、この歌は合わない・・・
残念・・・

宮っち登場

宮田『マダムに乗せられて映画の話に足突っ込んじゃったけど
ホントにこれで良かったのかな・・・
何か嫌な予感がしてきた
玉森千賀が揃うと、何もかもがピリピリしてくる
どうすれば良いんだよ
俺は昔みたいに3人で一緒に居たいだけなんだけど・・・』
矢印
このセリフ聞いて、また吹き出すのを必死でこらえてる私
私の頭の中矢印
『いやいやw3人じゃなくって、玉ちゃんと二人で居たいんでしょwww』

場面が変わって
千賀くん登場

千賀『レースは真剣勝負だ
運が悪くて負けるヤツは大勢いる
運だけで勝つヤツも一人も居ない
本当に実力のあるヤツにしか○○には勝てない』

音符
千賀健永くんソロ

場面が変わり
宮っち登場

新しいエンジンができたと喜んでいる

宮っち『俺一人の力でできたエンジンじゃないよ。
みんなが居たからできたエンジンだ』

宮っちのそのセリフを聞いて、いい気になりw
エンジン売って3人でわける相談を始めるすのまん

それを見て、怒る宮っち
宮っちの『お・ま・え・らー!』
のセリフでアドリブスタート

※ちなみに17日はラララライ体操w

今回はすのまんがボイパでダンスを始め、宮っち中心にして
ラストはみんな仰向けに倒れてフィニッシュwww

なんて言うのかな?w
ヒザ曲げて、ヒザから折れる感じに仰向けにwww

会場は苦笑い状態

すると、すのまんがそのままの体勢で宮っちに向かって

『これ、全部あなたのせいですよ』
宮っち『何が⁉』

しかし微動だにしないすのまん

宮っち『いやw動けよ~』
しかし全く動かずそのままのすのまんwww

宮っち『いつまでやってんだよ!も~!!!
お・ま・え・らー!』

すのまん『ファイ(ブ)・・・!
だぁっっっ!できないできない!もう1回できないっす』

もう一度同じくだりをやろうとして、飛び起きようとするものの・・・
失敗して転がるすのまん

会場爆笑

宮っち『も~wくだらない事言ってないでお芝居戻るよ!せーの!』

全員でジャンプして、場面を切り替えてお芝居に戻ろうとするが・・・
すのまんが怪しい動きをする

宮っち『え?ちょっっっ!!!お前さぁどっから戻ってんの?』
すのまん『えっ!?ここからじゃないんすか?』

さっきの起き上がろうとして腰を痛めたところから始めようとしてたすのまんでしたぷぷ


矢印ここまでは9/30に書いてましたが・・・汗
以降書く時間が全く取れずにいます(=´;ω;`=)
もし待っててくださってる方がいらっしゃいましたら・・・shoko

ホントにごめんなさいガクリ

時間が取れたら・・・書きます・・・shoko


コメントをどうぞ♪

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。