コルトガバメンツ囲み会見♪全文

人気アイドルグループ『Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)』の藤ヶ谷太輔(26)が10日、東京・渋谷のパルコ劇場で舞台『コルトガバメンツ~ハジメのハジマリ~』(作・演出:田村孝裕)ゲネプロ開催を前に、中尾明慶(25)、窪塚俊介(32)、渋谷謙人(26)、升毅(58)とともに囲み会見を開いた。

藤ヶ谷初のジャニーズ以外のキャストと組んだ舞台となり。遠い過去や1年前、そして現在を小学校時代の親友3人を含めてテンポよく織り込んで見せることで、主人公・藤井の孤独や深層心理を照らしだし、さまざまな世代の人へのメッセージを訴える作品に仕上がっている。

■以下、囲み会見全文
藤ヶ谷:いつも僕、声小さいんですけど、舞台をやることになりまして、大きい声を出せるようになりました。
報道:ピンマイクジャニーズと言われますよ。
藤ヶ谷:そのアダ名いらないなぁ(苦笑)。

報道:舞台はどんな内容なんですか?
藤ヶ谷:心にじんわりと来る作品です。僕はあることがきっかけで、ひきこもりになるという役ですが、生きているとこういうことあるよなって、日々の小さいことの積み重ねとか、自分を思って観て頂いてもすごくおもしろいと思いますし、こういう友達いたなとか、当時言っちゃったけど、という感覚は誰にでもあると思うので、説明するよりも観ていただいた方が。説明はできるんですけど、言葉で言っちゃうと、簡単に聴こえてしまうんじゃないかなと。観て受け取って頂いたらと思うんですよね。

報道:コルトガバメンツというとハードボイルドな作品という感じも受けたんですが?
藤ヶ谷:僕はまったく思わなかったです(苦笑)。でも、コルトガバメンツというのがキーワードになったりしているので、(ポスターで銃を撃つようなポーズになっているのも)それも観て頂いて、つながっているというのを感じて頂ければ。

報道:升さんはどのようにかかわっているんでしょうか?
升:小学校時代の同級生はなんです。私以外は。僕は藤ヶ谷くんの働いている会社の上司の部長なんです。会社の中でいろいろござまして、そのことが原因で彼が閉じこもってしまうと。あとは、小学校時代の友達ともちょっとしたトラブルとかあります。

報道:中尾さんは?
中尾:小学校からの同級生でザ・ガキ大将ですね。当時はすごく仲良かったですけど、あることがきっかけで、藤井との距離が離れていってしまって、それをもう一度、仲間たちに戻れるように進んで行きます。

報道:窪塚さんは?
窪塚:僕の役どころは仲良し4人組のうちの1人で、僕の役は人のあげあしとってみたり、からかってみたり、藤ヶ谷くんのファンの反感を買わないように穏便にはじけたいと思っているわけです。
報道:共通するところはない?
窪塚:僕はすごくやりやすい役です(笑)

報道:渋谷さんは?
渋谷:幼なじみの中で、中和するというか、真面目な役で。台本読んで真面目な役だと思っていたんですけど、稽古始まってから、笑いを提供する役になってきていて。
報道:一瞬観た感じひきこもりの役なんですか?
渋谷:僕はひきこもりじゃないです!

報道:男性だけの舞台になりますが?
藤ヶ谷:おもしろかったですよね。同級生だったり、会社のつながりだったりとか。
報道:やはり座長として引っ張ったりはされているんですか?
藤ヶ谷:もちろんですよ。みんなで行ったりとか、個々で行ったりとか、始まったら落ち着くんじゃないかなと。なんていうか、キスマイはスケジュール分からないんですよ。急に言われるので。いつもご迷惑をおかけしています(4人に頭を下げる)。でも、食事行きたいですね。行ってはいるんですけど、回数を重ねたりとか。自分が初めてなんですけど、東京だけではないところにも行くので、そういうところのご当地ものとか。行けるんじゃないかな、そういう時に行かせてくれるんじゃないかなぁと。希望ですね(笑)。

報道:デビューした後の舞台としては初ですよね?
藤ヶ谷:そうですね。自分でこう、なにをやりたい、何をやりたくないと言っていたわけではないので、気づいたら久しぶりだった。なおかつ、ジャニーズ以外の舞台は初めてだったので、いやー、難しいですね。おもしろいですけど、難しいんです。まずは、声を大きく出すとか(苦笑)。それと、そこに存在するかどうかとか、誰にどれくらいのエネルギーをぶつけてるんだとか。自分はこれからも、お芝居をやっていきたいと思っている分野だったりするので、それを30手前でもう一度、教えて頂けたというか感じられたのは嬉しいことかなと思いますね。

報道:共演者から教わるというのはありますか?
藤ヶ谷:“升にぃ”からいろいろ聞いています。
升:あんなことやらこんなことやらね(笑)。長くこの世界やっているので、舞台やってきた経験の話とか、若いころ、あんなだったよということを教えています。
藤ヶ谷:ゆっくりお話したりはこれが初めてですね。稽古時間もたっぷりあるからコミュニケーションできますよね。

報道:化学反応が自分の中で起こっていたりはしますか?
藤ヶ谷:グループにいると、いろいろ7人でやらせて頂いてるなというときの感覚もあれば、ジュニアと変わっていないという時もあるんですよ。みなさん、年齢も近い方とやらせて頂いて、『大人だなぁ』と思うところもあれば、自分も含めてですけど、小学生時代と変わらないんだなと思うところはありましたね。

報道:小学生というと小学生の服装になるということもあるんですよね。
藤ヶ谷:しますよ。先に言いますけど、します。
報道:見どころは?
藤ヶ谷:それも言っちゃった方がいいんですかね(笑)?帽子とランドセルです!あんまり言っちゃって大丈夫ですかね。先に言っておいたほうが、(報道の)みなさんもここだなと注目していただいたりとか、よりピントを合わせて撮って頂けますしね。<br
> 報道:そのときは話し方も違う?
藤ヶ谷:違います!そういう小学生時代もあって、大人なときもあるので、先程、言いましたけど、みなさんも子どもから大人になっていくというのを描いていく作品なので面白いですよ。きっと観てても、こういう友達とつるんでいたなぁとか、ケンカしたなぁとか、じんわり来るんじゃないかなぁ。

報道:心の動きも難しいですよね?
藤ヶ谷:難しいですね。でも、やっぱり楽しいなって思えて、変に背伸びして、技術がどうというより、自分に合ったところを聞いたりとか、やってみたりとかして、けいこも1ヶ月くらいあって、集中してできたので、それがどう、板の上でどういうチームワークが出るのかは楽しみですね。

報道:中尾さんの役は子どもころから変わらないヤンチャな感じ?
中尾:はい。小学生から大人になっても変わらない。こいついつまでも子ども臭いやつだなという役をやっていますけど。共通点はいっぱいあります。いつまで経っても大人になれない感じとか。(演出の)田村さんが藤ヶ谷さんとか窪塚さんとか、僕らを観て、こういう人間の要素を持っているんじゃないかなという感じで入れているので、そこが田村さんという演出家が作る舞台の演出なのかなとそういう感じですね。

報道:中尾さんは最近顔が変わったというお話もありますが?
中尾:整形疑惑ですか!?本当にみなさん、ちょっとでいいから書いといてください。やってないですから!マジで!本当に!!してたらもうちょっと変わってますよ!!!これ(今の顔)じゃ失敗ですよ!ホント!変わってませんよ。お願いしますよ!
報道:そんな話は稽古場ではしないんですか?
藤ヶ谷:「楽屋で(整形疑惑報道が)出てるんだけど」とは言ってました。テンション的にはでもいまのようなテンションで「マジやってねぇから!」って感じでしたよ。やってないみたいです。

報道:今回、初座長ということで、キスマイのメンバーでは既に座長を経験している方がいますけどアドバイスとかは貰いましたか?玉森(裕太)くんとか宮田(俊哉)くんとかから?
藤ヶ谷:アドバイス…うち、あんまりそういうのやらないんですよねー。でも、宮田が『キフシャム国の冒険』で立たせて頂いた会場に次、僕もコルトガバメンツで立たせて頂くので。感覚として、あっ宮田さんが立ったところなんだなーと。そういう感覚で演じようと思います(笑)。
報道:メンバーも宮田さんとかの舞台を観に行ってましたよね?
藤ヶ谷:行きました。
報道:じゃあメンバーも今回は観に来てくれますよね?
藤ヶ谷:はい。ただ、まだ何も(連絡)ないので。(横尾)渉は2、3回くらい来てくれると思います。1回はメンバーと来たりしながら、あと2回はマネージャーを通さず来るんじゃないですかね。
報道:横尾さんは今月16日が誕生日で来そうですよね?
藤ヶ谷:渉の誕生日かぁ。めっちゃ仲いいんで、『5月11日から舞台始まるね。頑張ってね。もうすぐ俺の誕生日だけど…』って言ってて。そういう話があったんですけど、それだけなんで話が盛り上がらないですね(苦笑)。

報道:では初日へ向けて意気込みを!
藤ヶ谷:とにかく集中したい。自分の話をまず、するとジャニーズの人以外とやるのは初めてです。ストレイートプレイは初めてで、こういうおもしろさと難しさを感じながらやっていますので、作品においても偏らずいろんな方にメッセージが届くんじゃないかと思いますので、僕ら5人とスタッフのみなさんが、作り上げた空気感とか間というものがバッチリ出ればいいなと思っています。

舞台『コルトガバメンツ~ハジメのハジマリ~』は5月11日~6月8日に東京・渋谷のパルコ劇場にて、6月10~13日に大阪・森ノ宮ピロティホールにて、6月20~22日に福岡・北九州芸術劇場大ホールにて上演!

 


コメントをどうぞ♪

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。